呼吸器

脂肪塞栓の診断基準の有用性は?

診断基準がいくつかあるので並べてみましょうか。 鶴田の診断基準(1986) Gurd(とWilson)の診断基準(1974) この2つが日本で使われてる二大巨頭。ついでに他にも出てきた。 Schonfeldの診断基準(1983) Lindequeの診断基準(1987) もはや雨後の筍状態。そしてど…