読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cushing症候群では免疫グロブリンは低下するか?

まずは手持ちのyear note 2016 D-67を見てみると、Cushing症候群、つまり慢性的なグルココルチコイド過剰では、白血球上昇がみられ、その分画は好中球メインであって、リンパ球と好酸球は低下、とある。

免疫グロブリン(Ig)はB細胞が作るわけだから、リンパ球が低下すればB細胞も減って、作られるIgも低下するだろうことは想像に難くないのだけど、はっきりと述べている資料は少ない。

こんな時頼れるのはup to date。しかし大学からのアクセスじゃないと全文見られないのが痛いところ。一部だけ抜粋引用なら良いはず。

B cells and antibody production - Numbers of circulating B lymphocytes are reduced by glucocorticoid administration, but to a much lesser extent than those of T cells. Synthesis of antibodies by B cells remains essentially unchanged following short-term administration, but mild to modest decreases in serum immunoglobulin G (IgG) levels have been observed following short (eg. two to four week) courses of glucocorticoids. Low-dose glucocorticoid therapy appears to have little, if any effect on antigen-stimulated antibody production.

やはりグルココルチコイドはB細胞を抑制するらしい。でもT細胞よりマイルドなんですって。だから短期間のグルココルチコイド投与じゃIg産生に影響しないけど、数週間以上の長期投与になってくると血中IgG濃度が下がってくるとのこと。

If glucocorticoids are administered chronically over a period of years, there may be a decrease in total serum levels of IgG and immunoglobulin A (IgA), possibly as a consequence of inhibition of T cell help and/or increased catabolism of generated antibody.

さらに数年以上のグルココルチコイド投与となってくると、IgGだけじゃなくIgAまで低下とな。これにはT細胞減少の影響やら、Igの異化なんてのも関わってくる。

However, glucocorticoids may acutely promote B cell immunoglobulin secretion indirectly via inhibition in the function of CD8+ suppressor T cells. The effects of glucocorticoids on serum immunoglobulin levels may therefore be variable, depending upon the extent of steroid-induced antibody catabolism, the relative balance of T cell helper/suppressor functions, and/or concomitant immunosuppressive therapy.

ところがどっこいグルココルチコイドには、T細胞阻害によってむしろB細胞からIgの分泌を促進する作用なんてのもあるらしい。うーん、諸刃の剣グルココルチコイド

In contrast, synthesis of immunoglobulin E (IgE) is often increased, which may be attributable to the enhancing effects of glucocorticoids on IL-4 induced B cell isotype switching to IgE.

さらにさらにIgEに関しては、IL-4でもってB細胞のクラススイッチを起こさせてIgE合成を増加させるときた。

f:id:lalabow:20161202235906g:image

とまあ、Igのクラスによってグルココルチコイドの作用は異なってくるようだけれども、血中Igの70-75%はIgGなので、慢性的にグルココルチコイドが過剰なCushing症候群では基本的にIg低下と考えて良いでしょう。